包茎にも種類があって場合によっては手術が必要だ!

大きく分けて2種類の包茎がある!

包茎には、大きく分けて2種類の包茎があります。一つは、仮性包茎です。仮性包茎は、勃起時や通常時に自分自身で亀頭部分を露出することができる状態です。もう一つは、真性包茎です。真性包茎は、勃起時や、自分でも亀頭部分を出すことができない状態です。包茎でも深刻になってくるのが真性包茎です。亀頭部分が出ないために性行為ができません。よって余分な皮を切除する手術や治療が必要となってきます。仮性包茎の場合は、ほぼ大丈夫です。

どんな治療・手術をするの?

常に皮を被っている状態の真性包茎の方は、余分な皮を切除して亀頭部分を露出する手術・治療を行います。余分な皮の部分を、レーザーメスなどで、切除します。現在の治療・手術は入院の必要が無く、術後の傷口の経過観察のみの通院です。術後は、傷口の痛みよりも亀頭部分が露出していて、肌着とこすれることによる痛みの方がひどいです。馴れるまでには、約1か月ぐらいかかると言われていますので、その期間は性行為を控えるようにしましょう。

仮性包茎だからと言って油断は禁物!

仮性包茎の方は、皮を剥くことができるために基本は、性行為もできるために手術の必要がありません。しかし、油断をしていると病気になりやすい状態です。皮が被ってるために亀頭部分は、非常に不衛生で、尿による匂いも発生します。常に清潔に保つような注意が必要です。また、余分な皮が、性行為時には、挿入時に巻き込んでしまう可能性があるために、きちんと剥いた状態で行うことをお勧めします。日本人の多くが仮性包茎と言われています。

包茎とは包皮が亀頭に癒着している状態のことをいいます。このため、性行為が難しかったりするので、治療が必要な方もいます。

真性包茎を調査
Comments are closed. Posted by: admin on