外壁塗装は塗料選びがとても大事な理由とは?

外壁塗装の相場を知ろう!

住宅の外壁を塗装する場合にはどのくらいのお金がかかるでしょうか。住宅と言ってもピンからキリまでありますので、平均的な床面積100平方メートルの木造住宅について見ていくと、80万円から130万円ぐらいが相場になります。壁面積が同じであっても塗料の種類が違うと金額が大きく変わってしまうわけですね。人は品質の違いがわからないと安い物に手を出しがちですが、実は品質の違いを知ることでどの塗料がぴったりなのかがわかります。安いばかりがよいわけでは無いことに気がつくでしょう。

安い塗料の特徴とはなにか

安い塗料はなぜ安いのか考えたことがあるでしょうか。塗料の値段の違いを一言で言うと耐用年数の違いになります。それ以外でも汚れにくいなどの理由もありますが、多くの場合は耐用年数によって違うと考えておけば間違いないでしょう。安い塗料の耐用年数は8年から10年以内であることが多いのです。もし、どうしても外壁塗装の時にまとまったお金が用意できないのであれば安い塗料を利用してみてもいいかもしれません。また、10年後から15年後ぐらいに住宅を取り壊しをする予定の場合や引っ越しをする場合も同様になります。

高い塗料の特徴とは何か

高い塗料の特徴は耐用年数が20年ぐらいになることです。ここで一つ考えてほしいのですが、20年間に10年しか持たない塗料を2回塗るか、それとも20年長持ちする塗料を1回だけで塗るのではどちらが得かと言うことです。10年しか長持ちしない塗料は1回塗ると80万円、20年で160万円かかりますが、20年長持ちする塗料は130万円だとすれば20年間は130万円だけの出費でいいのです。このように値段を見ただけでもどちらがお得かがわかるでしょう。ですので、引っ越しをしたり建て替えをする予定がなければ値段が高めの塗料を使う方がより経済的なのです。

外壁塗装の相場を簡単に調べる方法としては、口コミサイトや比較サイトを利用して調べるのが非常に効果的です。

Comments are closed. Posted by: admin on